日本の土地が高い理由

世界の中でも日本の土地は、相対的に高いと言われています。確かに日本においてはサラリーマンが土地付き一戸建てを購入すること自体も難しく、もし仮に購入できたとしてもその生涯の半分か総ての歳月をかけて、その支払いを行い続けるといった現状からも明らかです。

また日本の家は、兎小屋と言われるほど住宅事情の貧しさがあることは知られていることです。日本の土地が高い理由としては、主に三つの要因があります。

まず一つ目としては、日本の国土面積が狭いこと、二つ目に日本の国民性、三つ目には国の住宅政策があります。日本の国土面積が狭いことについては、日本の国土の大半は住むのに適しない山岳地帯であり、平野部は極度に人口が集中しているという特徴があります。つまり住み易い平野部の土地というパイを奪い合い需要と供給面において、需要の方が勝るからです。

なお人口密度の点でも国土面積が狭いことから、諸外国と比べ人口密度がおのずと高くなる傾向が見られます。そして二番目の理由としての日本の国民性としては、昔より耕作が盛んに行う農耕民族であり、そういったことで土地に愛着をもたれている方も多い点があります。

そのため、土地を容易には手放さない人種であるということ、先祖伝来の土地を守るという保守的な考えを持っている点があります。つまり、それが土地に対しての評価を高くする要因にもなっています。

最後に三番目の理由としての国の住宅政策においては、「都市計画法」や「土地区画整理法」という法律の存在があり、それが土地の利用目的等を規制したりしているからです。本来は、土地の売買においては、土地を購入する者と使用する者との見込み価格で決定されるものですが、利用目的に応じての評価額の科学的根拠を必要とされるケースが多いです。

また宅地や農地に関しての利用や転用についても、厳しく規制されている点を見ることができ、これも価格の高低にもつながっていく訳です。

問題を抱えた土地は、地上げ会社に託されることが多い

問題を抱えた土地とは、本来の所有者の住宅ローンの滞納が原因で債権・債務・賃借権などに関する複雑な権利設定がされている土地や、相続問題の対象となっている土地、そして、現在の地権者や借地人が頑なに売却・立ち退きを拒否している土地などが想定されますが、こういった土地の買い上げに関しては、地上げを専門的に行っている会社に託されるケースが多く見られます。その理由としては、次の事柄が考えられます。

潤沢な資金を有している

地上げ会社に託されることが多い最も大きな理由は、常に潤沢な現金を有しているからでしょう。難しい問題をはらんだ案件であっても、即金にて買い上げる提案を行う事が可能です。現金のパワーは強力であり、様々な問題処理を現金にて行える場合が多数あります。そして、包括的な問題処理も含めて即金にて買い上げを行う事により、相場よりもかなり安価な、破格の価格にて買い上げる事が可能となり、転売や再利用を行う際に、高く売る事によって、地上げ会社はより高い利益を得る事が出来ます。

専門的なノウハウが必要とされる

不動産会社ごとには、得意とする分野がありますが、問題が多い土地の地上げに関しては、地上げ会社が最も得意とする分野であり、円滑に買い上げを進めることができます。また良心的な仲介手数料無料の不動産仲介業者のパイプを持っていることが多いので、買い上げた不動産を円滑に資金に変えることができる相応のノウハウや経験を蓄積しています。

銀行、士業の関連から話を持ちかけられるケースが多い

銀行や士業関連(弁護士・司法書士など)には、この種の不動産情報が集まりやすく、容易に処理が出来ない案件については、地上げ会社に託されるケースが多くあります。

東京オリンピック 東急リバブル 解体119
東京オリンピック 東急リバブル 解体119
皆さんもご存じ、2020年に東京でオリンピックが開催されます。すでに準備は始まっていて、それに伴い土地の整備や開発が進められています。 東急リバブルの土地購入の検索ページです。東京でも比較的買いやすい狙い目の土地など、数多くの情報を提供しています。興味のある方はぜひチェック! 土地はもっているが、その土地にボロボロの建物が建っているなど、そのままにしておけない土地は解体専門業者におまかせください。使うにしても売るにしてもリセットが必要です。